日本のはじまり

  • 外国文化が参入する以前から、屋台という形で日本の飲食業は存在していた。
    町民が気軽に立ち寄れるような屋台もあれば、
    階級の高い武士が訪れる高級な食事処も存在したと言う。
  • それまでは日本料理としてメジャーな寿司と天ぷら、
    おでんなどがメインメニューとなっていたが、明治時代に入り、
    西洋文化が参入されることで食堂の文化も様変わりした。
  • まず、レストランという呼称を用いるようになった。
    明治時代から昭和にかけて、高級ホテルの建設が進み、その中に高級洋風のレストランが出来上がった。
    その際、各国の料理を提供して、
    外国文化をよく知ってもらおうというコンセプトがあったそうだ。
  • レストランが出始めても、高級ホテル内のレストランなので当然、訪れる客は限られる。
    市民向けのレストランは当時はまだなく、
    そう言った食事処は食堂や定食屋で分類されていた。
  • しかし、この高級ホテル内のレストランから、
    洋風の食事を提供する店というものは次々に出てきた。洋食とはいえ、
    日本人の口にあうような味に改良が施され、洋風レストランとして次々に現れたのである。
  • 低価格で足を運べるファミリーレストランが出てくるのは、
    もう少し後。戦後、高度経済成長期辺りからになる。
    そう考えると、屋台からレストランへ移り変わった歴史は、そう古くない。